フラット35が低金利の理由とは?

フラット35は、住宅金融支援機構が銀行などの民間金融機関と提携して行っている長期固定金利住宅ローンです。この住宅ローンを使うメリットは何といっても返済する利息の安さです。返済する利息は借りたお金の金額に比例して多くなりますが、その計算の元には返済金利が使われます。その値は年1.8%から年2.0%程度です。銀行などが行なっている住宅ローンの値は年3.0%から年4.0%程度ですので約半分という低さです。この住宅ローンがこの様に低い値を提示できるのは、銀行などの住宅ローンと運用の仕組みが違うからです。銀行などの場合は短期運用の資金調達で住宅ローンを行なっていますが、フラット35では長期運用の資金調達で行なっています。長期運用の資金調達が出来る秘密は、銀行などの民間金融機関が取り扱ったフラット35の住宅ローンを住宅金融支援機構が買取り、それを担保とした債券を発行することで長期運用の資金としているからです。

フラット35金利一覧!2017年3月の最安金利は?【銀行比較】
フラット35を提供している金融機関は数多くありその中で条件のよいところを見つけ出すのは至難の業です。そんなときに活用したいのがこういった比較サイトで、便利に活用することができます。ここでは金利一覧表でフラット35の比較をしてあり、そのほかの住宅ローンとの比較も簡単。今現在最もお勧めの銀行がわかります。