フラット35を申し込む際の保険とは?

フラット35を申し込む際、必ず加入する保険がありますね! それは団体信用生命保険という名前の保険です。
団体信用生命保険の内容は、ローンを組んでいる世帯主にもしもの事があった場合、残りのローンはすべて無くなる。
という保険です。
これは残された家族がローンに困らない様にする為の特別処置です。
どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどでしょう。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅ローンを申し込む事が出来ますね。
住宅ローンは長年支払いをする物ですから、フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。
という事です。
フラット35住宅ローンを組む上でとてもメリットが大きいですよね。
厳しい審査が待っています。
とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事は住宅の価値を重視して審査を行います。
住宅の価値を審査される。
という点が加わります。
担保として十分かどうか、という点を重視する。
という事です。
これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。
という方も多いです。
マイホームを建てたい!と夢を見ている方もいらっしゃるでしょう。
しかし、家は数千万単位する大きな買い物です。
そこで、現金ですぐに支払いができる。
という事は、かなり難しいです。
じゃあ、借金するにはどこでフラット35住宅ローンを借り入れすればいいのか?色々と方法はありますが、一番オーソドックスなのは銀行または信用金庫がおすすめです。
自分でどこの銀行から借り入れするか選択しても構わないのですが銀行と不動産屋が協力している場合もあるので、不動産屋の担当者の人に託しても良いでしょう。

フラット35の選び方は?損しない住宅ローン選び!【あなたに最適は?】