日本小児科医会ってどんなもの?

小児医療改善についての事業を行っているのが「日本小児科医会」になります。
国際的な活動も行っています。
日本小児科医会では、小児医学の成果を立脚しながらも小児の医療、保健、福祉の充実と向上をはかって、小児が健全に発達するように寄与します。
日本小児科医会が行っている事業については、小児医療の調査、研究、小児医療を向上に関連した事項になります。
小児保健の推進と普及について、小児の福祉のこと、生涯研修のこと、医の倫理を確立させて実践していくことですね。
小児社会保険医療の充実をはかり改善していくことがあります。
小児医療の国際交流についてのことがあります。
小児医業の経営改善についてことなどがあります。
小児医療費の点数改善がされた事で小児科では大幅な減収となっています。
2つ目は、小児の救急医療問題ですね。
全国的な事業展開に小児救急医療電話相談の設置があります。
3つ目は、「総合医」問題についてですね。
厚生労働省と日本医師会で思惑が違っていることで、日本小児科医会がオブザーバーで参加してカリキュラムに小児科医の意見を入れることが出来ます。
この様に日本小児科医会の活動は多岐にわたっていると言えます。