住宅ローン審査に通るための借り入れ方は?

マイホームの購入は誰でも憧れるものだと思います。
ですが、手に入れるまでには住宅ローン審査に通過しないといけません。
現金一括で支払いが出来れば何も問題はありませんがそういった事はなかなか難しいの現状です。
ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。
住宅ローンに関わる審査は、色々あるローンの審査の中でも特別に厳しいと言われています。
長い月日かけて支払いしないといけないので、審査に通らない方も出てきます。
審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。
住宅ローン審査を通過するには、最低でも300万以上の年収が基準と言われています。
ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。
住宅ローンを組む際、必ず加入しなければいけない保証会社があります。
この保証会社とは「団体信用生命保険」という保険になります。
団体信用生命保険の内容は、ローンを組んでいる世帯主にもしもの事があった場合、ローンの残額が無くなる。
という保険です。
これは残された家族に住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。
どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどでしょう。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅ローンを申し込む事が出来ますね。
住宅ローンの支払いを長い間しているとまとまった現金が出来る時もあるかと思います。
そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。
繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、まとまった金額を返済する手法です。
繰り上げ返済をすることによって、元のローン残金を減らす事が出来ますので、返済金そのものを減らす事ができます。
借入額が減れば、月々の返済額も減る。
という事になります。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合とかからない場合があります。
住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。
ローンの金利には大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。
多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。
また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。
といった事はなく、公平な審査が行われます。
どっちの金利が良いかわからなくなった時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。