光回線業者によるお年寄りの契約トラブルが多発しています

ワイモバイルは最低でもランニングコストが3000円程度かかりますが、2台以上持っている場合には、500円引きのサービスがついてきます。
プラスαとして、契約事務手数料や解約金が必要なかったりと、二台目からの契約がお得になります。
よって、これからは、au、docomo、softbankに代わって、普及率が高くなる可能性があります。
近頃、光回線業者がお年寄りの自宅を訪問し、勧誘をかなり強引に迫ったり、判断力の低下しているお年寄りを言いくるめ契約させるなど、光回線に関連した契約トラブルが多くなってきています。
この事態を受けて、総務省から契約から数えて八日以内であれば解約ができる光回線の契約に対しクーリングオフ制度を2015年にも導入する方針を明確にしました。
インターネット利用時に、契約プロバイダによって通信の速度は変化してくると考えられます。
プロバイダの良し悪しを判断するというのは、なかなかできかねるというのが今の状況です。
ネット上の口コミに基づいて判断するしかないので、自分は顧客満足度ナンバーワンというプロバイダを使っているのが現状です。
ワイモバイルに光乗り換えるなら、現在の携帯料金に比べて結構安くなると宣伝されているのを見かけます。
ですが、本当に安くなるとはわかりません。
また、パケ放題のプランがない上、最大でも7GBまでの制限が他社と同様にあって6千円前後かかりますので、あまりお得な感じはないこともあります。

ブロードバンド回線業者の口コミ