住宅ローン審査の基準とは?

住宅ローンを借りるときには頭金が必要になります。
頭金は一切かかりません!と言った宣伝も目にしますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなり審査もきびしくなります。
少しでも返済額を減らしたいのであれば、やはり頭金を最初に用意しておくのが良いでしょう。
頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅を購入する際は書費用がかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。
フラット35住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。
この保証会社とは「団体信用生命保険」という保険になります。
団体信用生命保険という保証の内容は、世帯主に命の危険があった場合、残りのローンが無くなる。
という内容の保険です。
これは残された家族にフラット35住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。
どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。
こちらが保証料を支払う必要がないので、安心して住宅を購入する事ができます。
フラット35住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
ローンの金利には大きく分けて変動金利もしくはフラット35の固定金利があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行側から薦めなどはありません。
基本的に金利が高いのはフラット35の固定金利、低いのは変動金利です。
また、金利をどちらにしたらフラット35の審査が変わってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、金利の推移が見れますので、それを参考にすると良いです。
今後、自分の家を建てるために準備されている方で自分の家族にお金を出してもらい返済していく方は、少しでも贈与税とフラット35住宅ローン減税について調べておくと安心です。
この仕組みは、相続する金額によって税金がかかるもので仮に、義父母から110万円以上のお金を手渡しされた場合、約10%を税金として支払う義務があるのです。
110万円以下であれば、税金はかかりません。
この他にも受ける年齢や値段によって細かな規定があるので、出来るだけ手数料をかけずに返済していく方法を考えましょう。
他にも払うべき手数料や税金について調べておくと安心です。
人気のある住宅ローンを選びたいという方も多いですが、変動金利か固定かを選択しなければならないので難しいのです。
何故ならば固定は、月ごとに決まった金額を返済すればすぐに総返済額を確認出来るというメリットがあるからです。
けれども、変動の場合は金利によって金額も変わるのであといくらローンが残っているのか明確な数字が分らないのです。
にも関わらず、低金利時代をいわれる今の時期は調査によると40%の方が利用しているそうです。
是非、今後の金利動向をしっかり把握しながら比較検討して納得できる方法を探せると良いですね。
フラット35住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金が出来る時もあるかと思います。
その様な時は場合は是非、繰り上げ返済を検討してください。
繰り上げ返済はいつもの支払いとは別のもので、まとめて現金を返済する方法です。
繰り上げ返済をする事により、ローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額を根本的に減らす事ができます。
借入額が減る。
という事は、月々の返済額も減る。
という事です。
繰り上げ返済をする時は無料な所と手数料がかかる銀行があります。
将来、新築か中古の物件を購入しローンを予定されている方は完済するまでに何年で申し込むのか選択する必要があります。
普通は、25年や35年といった決まった期間で申請するのですが実際にこの期間までかかる方は少ないです。
たいていの場合は、出来るだけ早く返済出来るようにしています。
思わぬ臨時収入が入った場合に、まとめて返したい時は繰上げ返済時の手数料が0円の銀行を選ぶとお得です。
目の前の生活だけでなく、今後の見通しも検討した上で日々の生活が圧迫されないような金額設定が大事です。
直接、スタッフに相談して決めるというのもお勧めです。

住宅ローン審査建物の基準は?通りやすい建物!【担保評価額とは?】